資金の調達で審査にはどんな書類が必要になる?準備するもの

審査を申し込むために

>

必要なものを理解しよう

会社の抱えている課題を知る

経営計画書という書類が必要なので、さっそく書き方を勉強しましょう。
書類を作成しても、内容が伝わらなかったら意味がありません。
まず経営理念を見直し、内部や外部の環境を見直してください。
さらに実績を振り返ると、会社が抱えている課題を見つけることができます。

それを踏まえた上で、どうすれば課題を解決できるのか自分なりのアイデアを書きましょう。
さらに具体的な経営戦略や、財務戦略をこの時に考えてください。
そのぐらい詳しく書いていれば、計画的に会社を経営している人だと金融機関に信頼されます。
ですから、審査を無事に通過できるでしょう。
さらに今後の市場の状態を見据えて、こちらの財務状況を予測して書くのも良い方法です。

早めに申請しておこう

商業登記簿謄本は、会社の名前や本店の所在地、役員の氏名などが記載されています。
これらの情報を銀行に伝えることで、信頼性のある会社だとアピールできます。
商業登記簿謄本は法務局で受け取れるので、忘れないうちに取得してください。
法務局がどこにあるのかわからなかったり、行く時間がなかったりする人がいると思います。

商業登記簿謄本を受け取る際は窓口申請の他に、郵送申請やオンライン申請ができるので、それらの方法なら法務局まで行かなくても大丈夫です。
ちなみに商業登記簿謄本と似ているものに、登記事項証明書があります。
実はこれらに大きな違いはなく、商業登記簿謄本は紙で、登記事項証明書はデータで渡されるという部分だけ異なります。


この記事をシェアする
TOPへもどる